羽谷勝太はドラフト候補だった?打率は5割!?県選抜で海外遠征をした過去も!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ユーチューバー、そして俳優とマルチな活躍を見せる羽谷勝太さん。

『下剋上球児』での演技が強く印象に残っているという方も多いのではないでしょうか。

野球の実力が高く、プロ注目のドラフト候補だったという噂があるようです。

真相はどうなのか、なぜプロ野球の道に進まなかったのか気になりますよね。

今回は、

羽谷勝太がドラフト候補の真相は?

羽谷勝太の野球の実力がすごい!

羽谷勝太のプロフィール

についてまとめました。

最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク
目次

羽谷勝太がドラフト候補の真相は?

引用元:X

羽谷勝太さんは過去、野球のドラフト候補だったと言われています。

というのも、SNSで「ドラフト候補だった」と自ら発言していたから。

削除されたのか、現在は見つかりませんでした。

プロ野球選手になるには、プロ志望届を提出し、ドラフト会議でプロ球団から指名されるというパターンが王道です。

引用元:Edu Townあしたね

端的にまとめると、そのドラフト会議で指名される可能性がある選手が、ドラフト候補です。

ドラフト候補選手の条件は?

◎野球系メディアでドラフト指名がかかりそうな選手として報道される

◎球団のスカウトなどが視察に来る

ドラフト指名されそうな選手としてメディアで羽谷勝太さんの名前が挙がっていたという事実はないようです。

となると、球団のスカウトが視察に来ていた説が濃厚ですね。

羽谷勝太さんは大学時代に「野球選手と俳優になりたい」という2つの夢を持っていたそうです。

俳優という夢を捨てきれず、プロ志望届を出さなかった可能性もあります。

プロ志望届を出さないとドラフト指名が受けられない!

YouTubeチャンネルのあめんぼぷらすを始めたのも、大学卒業の年(2018年)でした。

着実に登録者数を増やし、2022年には念願のモデル・俳優デビューを果たしています。

もしプロ野球選手になっていたら、俳優は諦めなければならなかったかもね。

「ドラフト候補だった」という本人の発言から、おそらくドラフト候補だったのは事実だと考えられます。

次章で、羽谷勝太さんの野球選手としての実力を見ていきましょう。

スポンサーリンク

羽谷勝太の野球の実力がすごい!

引用元:X

羽谷勝太さんは、ドラマ『下剋上球児』での演技やプレーが話題になりました。

高校時代から、主力選手として活躍を見せていたようです。

高校時代の打率は驚異の5割!?

高校3年生の春から夏にかけて、打率はほぼ5割だったと言われています。

2打席に1回はヒットを打つ計算になるので、きっと有名な選手だったのではないでしょうか。

通っていた高校は甲子園に何度も出場している強豪神戸弘陵学園高等学校

3年生では主将も務めていました。

引用元:みんなの高校情報
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次